露草(ツユクサ)

ツユクサ
和名露草
科名ツユクサ科
学名Commelina communis
英名Day flower, Asiatic dayflower
別名青花(アオバナ)、帽子花(ボウシバナ)、着草・月草・鴨跖草(ツキクサ)、鎌柄(カマツカ)、蜻蛉草(トンボグサ)、トットコバナ、蛍草(ホタルグサ)、ツギクサ、クワラグサ、ヨメハングサ、紫草(ムラサキクサ)、ハナガラ、藍花(アイバナ)、縹草(ハナダグサ)、移草(ウツシグサ)、移花(ウツシバナ)、染花(ソメバナ)、カキバナ
花期
花言葉小夜曲、懐かしい関係、恋の心変わり、わずかの楽しみ、尊敬、豊潤
類似植物ムラサキツユクサ
昔は染料にこのツユクサを使っていたそうです。
やさしい淡い色がつきそう。。。
藍染など新しい技術が入ってくると、これににとって代わられてしまいました。
でも水に流れやすい性質を逆手にとって、今でも友禅などの下絵を描くのに利用されています。
愛知県岡崎市 2009年10月4日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: