犬酸漿・犬鬼灯(イヌホオズキ)

  • イヌホオズキイヌホオズキ
  • イヌホオズキイヌホオズキ
  • イヌホオズキイヌホオズキ
和名犬酸漿・犬鬼灯(イヌホオズキ)
科名ナス科
学名Solanum nigrum
英名Black nightshade
別名牛酸漿・牛鬼灯(ウシホオズキ)、黒酸漿・黒鬼灯(クロホオズキ)、山酸漿・山鬼灯(ヤマホオズキ)、額酸漿・額鬼灯(ヒタイホオズキ)、馬鹿茄子(バカナス)
花期
花言葉真実、嘘つき、根暗
類似植物ワルナスビ
ホオズキとは似ても似つかないのに、イヌが頭に付いたイヌホオズキ。
いったいどこがホオズキに似ているのかと思いきや、葉っぱが似ているんだそうです。
そう言われれば・・・そうなのかな?
そしてイヌが付く名前といえば、役に立たないからということなんですね。
でもこのイヌホオズキ。
貝原益軒の「大和本草」の記述からすると、民間薬として使われていたようです。
実をあせもにつけて治すとあるんですね。
それを実証するのが別名のヒタイホオズキ。
ヒタイホオズキというのは、額にできたおできやあせもを治したことに由来するんです。
雑草といえども奥深いね~。
  1. 竹島 2009年5月4日撮影
  2. 江川せせらぎ遊歩道 2012年7月4日撮影
  3. 竹島 2009年5月4日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: