一葉たご(ヒトツバタゴ)

  • ヒトツバタゴヒトツバタゴ
  • ヒトツバタゴヒトツバタゴ
  • ヒトツバタゴの実ヒトツバタゴの実
和名一葉たご(ヒトツバタゴ)
科名モクセイ科
学名Chionanthus retusus
英名Chinese fringe tree
別名ナンジャモンジャ
花期
実期
花言葉清廉、旺盛、童心
類似植物 
日本では岐阜県・長野県木曽川流域、愛知県、長崎県対馬の北端、そして中国、台湾、朝鮮半島に隔離分布している珍しい木。
長野県・愛知県では絶滅危惧Ⅰ類、岐阜県・長崎県では絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
自分の住んでいる地域では普通に街路樹に植えられているので、そんなことはつゆ知らず。
そんな希少な木だったんですね。
このヒトツバタゴといえば、別名のナンジャモンジャの方がよく知られています。
明治時代に青山練兵場の道路沿いにあったこの木の名前がわからず、何の木じゃ?といわれているうちに「ナンジャモンジャ」と呼ばれるようになったのが名前の由来なんだそうです。
  1. 白鳥庭園 2009年5月2日撮影
  2. 白鳥庭園 2009年5月2日撮影
  3. 白鳥庭園 2009年10月18日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: