現の証拠・験の証拠(ゲンノショウコ)

ゲンノショウコ
和名現の証拠・験の証拠
科名フウロソウ科
学名Geranium nepalense subsp. Thunbergii
英名Dewdrop Crane's-bill
別名御輿草(ミコシグサ)、風露草(フウロソウ)、医者いらず(イシャイラズ)、医者殺し(イシャコロシ)、医者倒し(イシャタオシ)、医者泣かせ(イシャナカセ)、猫足草(ネコノアシグサ)、猫草(ネコグサ)、忽草・太知末知久佐(タチマチグサ)、蔓梅草(ツルウメソウ)、ウメヅル、ベンジョクソウ、コウボウグサ、クチベシ、センニンタスケ、赤腹草(アカハラグサ)、赤痢草(セキリグサ)、千振(センブリ)
花期
花言葉心の強さ、憂いが晴れる
類似植物アメリカフウロ
胃腸に効く薬草でもあるゲンノショウコ。
花と葉を押し花(葉)にすると、とってもいい香りがします。
名古屋市立大学薬学部薬草園 2008年10月4日撮影



COLOR:

SEASON:

KANA: